読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激情は瑠璃色の夜にのって

前作は、特におもしろい!って思わずにふつうに読んでしまいましたが、今作は面白かったです、

エリカは親友マギーが最愛の夫レンと暮らすニューオーリンズに引っ越してきた。彫刻家としてのキャリアを積むため、占い師の助言に従ったのだ。しかし見知らぬ街で恋人もおらず、同居人は気難しい黒猫だけ。そんな心細いマギーの前に現れたのは、レンの弟でゴージャスな美貌と高慢な態度をかねそなえたヴィットーリオだった。急速に惹かれあうふたりだが、ヴィットーリオはレンと同じくヴァンパイアで、彼に近づく女はすべて母・オラベラによって殺されているという恐るべき障害があって…。

 


ヴィットーリオをこよなく愛するかあちゃんが、怖い。
それはこんな恐ろしい母親を持ったら、魅かれる女性から離れるよなあ。。

面白かったです。