読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真昼の復讐者

ひさびさにのめりこんだロバーツ作品でした!
すっごくおもしろかった!

フィービーは33歳のシングルマザーにして、サヴァンナ・チャタム市警の敏腕交渉人。警察官として過酷で多忙な日々を送るなか、彼女の支えとなっているのはかけがえのない家族と過ごす温かな時間だ。そんなある日、事件現場でフィービーは地元でバーを経営する大富豪のダンカンと出逢う。ダンカンは聡明でセクシーな彼女にひと目で恋に落ち、フィービーもまたチャーミングな彼の誘いに心動かされる。
交渉を続ける毎日の中で、警察署内でフィービーが何者かの襲撃を受け乱暴されるという事件が発生する。その後、犯人は突き止めたものの、奇妙は出来事がつづき、フィービーは身の危険を感じ始めるのだが。。。

 
何よりもすごいとおもったのが、ヒロインが刑事でヒーローが大富豪の設定。
イブ&ロークを思いうかべるに決まってるのに、この設定なの?ってまずはびっくり。

そして読んでみたら、びっくりするくらいのおもしろさ。
交渉人、その家族、仲間な非常にうまくミックスされて、すごく自然。
警察署内でのしがらみや敵対なんかでさえも、おもしろい!
ハイ・ヌーン(映画)にかけたワナを仕掛けてくる犯人との戦いも、巧妙で興奮しました。
H/Hも、イブ&ロークとは似ても似つかず、なところがよいですね。ダンカンの大富豪のきっかけが宝くじだものね。そして労働をいとわぬ自由なおとこってところもよいです。そんなダンカンもフィービー同様くらい過去があり、2人の深まっていく関係の中で、お互いの過去を共有し、なんとなく家族にしかずいていくさまがグッドでした。
女性家族を書かせたら、家族がほしくなってくるロバーツですから、今回も家族のやり取りには噴き出すことも多かったです。やっぱ、この人はすごい!