読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公爵と百万ポンドの花嫁

素敵でした!貴族らしかぬ愛情表現に巻き込まれていくヒーロー一家がポイント高し!

アメリカから莫大な金と一緒に嫁いでくるというソフィア・ウィルソン嬢とその取り巻きをばかにしていたウェントワース公爵ジェイムズだったが、彼女を一目みて、なぜか普段は参加しない舞踏会にさんかいして、彼女を見つめていたいという気持ちにさせられた。
そして、50万ポンドになる彼女の財産の話を聞いてしまっては、破産しそうな貴族の一員として、彼女を獲物としてとらえ始めた。
幸い、ソフィアも同じような情熱を持って求婚をうけいれてくれたのだが・・

 


過去の傷持つ公爵。女性不信で人間不信。
ソフィアも信じてもらうまでは相当辛い思いをします。
でも、ハンサムで思いがけずやさしくて、あまのじゃくで、皮肉屋で。。。とくればぎゅ!!としたいこと間違いなしです。
素敵な王子様でした~