読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ見ぬあなたに野の花を

やっぱりこのシリーズは好きです!

結婚することはないと漠然と思っていた。いくちかの社交界シーズン中も、この人こそ!と思う人とはめぐり合わなかった。なにより、親友のペネロペも結婚の気配が見えぬことから、2人で仲良く年おいていくのだと思っていた。だが、ペネロペと兄コリンの結婚を気に、エロイーズは焦り始める。そして、今は亡きはとこの夫でしばらくの間文通していたサー・フィリップからの求婚の手紙をきっかけに、彼のもとを訪問することを衝動的に決めてしまう。
真夜中の、家族に内緒の旅だった。
初めてあったサー・フィリップは、手紙のロマンチックな会話などない、大柄ですこしぶっきらぼうな、悩める父親だった!子供たち!思いがけず、いたずらすきな子供たちの標的にされるエロイーズだが、だてに兄弟が多いわけでもなく、りっぱに対応し、そして少しずつフィリップとの距離も近づいていくのだが。。。

 いや~。ブリジャートンらしい思いつき行動というか、なんというか。
結果が良くて、本当によかったよ!エロイーズ!
文通だけの人と結婚するなんて、危ない危ない!。
でもこのフィリップは、前妻との関係に傷つき、子供たちへの教育に悩み、妻というより、子供たちの母親を求めていたのに。。エロイーズはうれしい誤算だったことでしょう~。
書きもの好きだったエロイーズ。ぴったりの人と結婚出来て、本当によかった!