読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昼下がりの密会

RITA賞受賞した作家さんですね。
前作2作もおもしろかったけれど、この話はしびれました。
ある意味、その辺にありそうなエピソードながら、キャラで勝負掛けてる感じです。

17歳にしいて、年の離れた夫に嫁ぎ、それなりの結婚生活を経て未亡人になったジュリアナは、それなりの生活と自由を楽しみながら生きていた。幼くして母親を亡くしたせいで、弟妹の面倒をみてきたジュリアナだが、まもなく弟妹も一人立ちしていく。少し前に伯爵を継いだばかりの弟はまだ頼りなげで心配だけど、一番下の妹は間もなく社交界デビューをして、いずれ結婚していくだろう。
順調に見えたジュリアナの人生だが、弟ハリーが賭けごとに興じて伯爵領さえも賭けの対象として破産しそうになったとき、大きな転機を迎える。
ジュリアナはたった一人、ハリーの借金の相手に会いにいった。自分の愛するものを守るために、持てるすべてを犠牲にする覚悟で。

 ストーリー的には結構ある話だと思うのですが、キャラは生き生きしていて、展開もよくって、すごく良い出来!ヒーローのレイフは子爵の婚外子として生まれ、異母弟の恨みを買い婚約者を亡くすという悲劇を生き抜き、無一文から億万長者になったビジネスマン。でも、母や父からの愛情をたくさん受けて育ち、全うな教育を受けてきた、ある意味では恵まれた人でもあります。そんなレイフは、婚約者の非業の死からもうひとを愛さない、と思っていたのですが、レディらしいのに度胸があり、冷静で落ち着いているのに、彼といるときだけ情熱的なジュリアナに深く魅かれていきます。
しかし、婚約者を強姦し死に追いやった異母弟からジュリアナを守るために、わざとひどいことを言ってジュリアナを遠ざけます。
でも、そんなひどいことをして置きながら、謝れば許してもらえる。。。と思ってしまうあたりが男性らしく安直ですね。

話としては、2人が出会い、ひかれあい、一目を避けて愛ながら愛人として以上の絆を感じていく前半半分がお気に入り。後半はいろいろあって2人の関係がぎくしゃくしているので、ちょっと読みづらい。
そんなつらい目になった2人なのだから、最後のエピローグはもう少し長くてもよいのでは。。とおもいました。

とにかく表現力に感動しました。
すごい作家さんなのですね、やっぱり。