読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷えるウォートン子爵の選択

独身貴族同盟・・・って結構楽しみにしてたんですが、なんかH/Hの人生観がいまいちしっくりこなくって、なんかね。いまいちでした。。。

親友5人のうちの1人が結婚したことをきっかけに、残った4人で賭けを始めた。いずれは家の存続のために結婚しなければならないにしても、できればできるだけ長く独身として楽しみたい。そこで、一番ながく独身を通せたものが勝ちとなる賭けである。
有力候補のウォートン子爵ギデオンは、結婚などさらさら興味もなかったが、美しい女性との楽しみが一番の興味だ。今はレディ・チェスター、美しく裕福な未亡人との関係を深め、ぜひ彼女の自分の愛人になってほしいと願っていた。
2人の関係は拍子抜けするほどうまく進むが、レディ・チェスターことジューディスは、関係を続けるうえで条件を提示してきた。ひとつ、結婚は考えないこと。ふたつ、どちらかがあきたときには速やかに関係を終わらせること・みっつ・・
男としては理想的な条件だったが、ジューディスの条件の明確さに一抹のがっかり感を感じるギデオンだったが、2人の関係は情熱的に進み、お互いに不安になるほどの関係が良好で濃密なものになっていくが・・・

 


なーんんか、ジューディスの30歳にして恋愛ごとのプロのような振る舞い、、でも付き合った人も多くないし、そんなに世間なれしてるようには思えないのに、なんだか何でもしってるような物腰が、いまいち。
世間なれした放蕩者っぽいギデオンも、なにかにつけ口だししてくる叔母のせいもあって、わがままな青年に見えてしまう一面も。。。
2人とも美男美女でかっこいいんですがねえ。。。なんか、いまいちなんです。
次作に期待かな。。