読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸運が瞬く星

ギャンブラーの父と男運の悪すぎる母の元に生まれたシャイアンは幼い頃から賭け事のトラブルや貧しい家庭の育ったことによる苦労に耐えてきた。高校卒業後は故郷を離れバイトをしながら大学を卒業し、就職してからは文字通り仕事にすべてをささげてきた。そして生まれた初めてすべてコントロールし、満足いく生活を送れるようになったいた。
数か月前、異父弟のミッチが無謀な運転をして事故を起こし下半身不随になるまでは。

弟の事故による下半身不随、会社の開発失敗による経営者のせっぱつまった脅迫じみた押し付け、故郷にまつわるい思い出。すべてをいつものように飲み込んで,シャイアンは故郷に戻ってきた。
ジェシー・マッケトリックと交渉しなければならない。彼の所有する土地が会社の次の開発に必要なのだ。たとえ彼が売りたくない、いうのが明白でもしジェシーの気分を害すればこの辺一帯を治めるマッケトリック一族すべても敵にまわすことになっても。

 
シャイアンの責任感の強さ、背負っている物の多さ、幸せへの切望、ジェシーにひかれながらも腰が逃げてるっさま、恋に突っ走りながらも現実を容赦なく受け止める様に苦しくなる時もありました。対するジェシーが何の責任にも義務にも縛られないのも対照的。そして話の重要は要素がポーカー。シャイアンは父の影響でがギャンブルは嫌いですが、幼い頃に聞いた父の教えてをよく覚えていて、全米チャンピオンのジェシーともいい勝負。物語全体が賭けに絡んだ部分が多く、少しハラハラしながら結果を読まずにいられない気にさせられました。