読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠れない夜の秘密

ジェイン・アン・クランツらしく、変わったヒーローとヒロイン。

わがままな求婚者

おもしろかったです!前作もよかったけど、今作ですっかりディのファンになりました。型にはまっているようで、かなり自由奔放なキャラたち。とにかくヒロインにメロメロで、欠点もありながらすべて傾けてくれるヒーロー。美しく官能的で目の覚めるような美…

真夜中の復讐

待ってました、真夜中シリーズ。。でしたが。 ヒーローは元スナイパーでピアスだらけの大男。 ヒロインは絵の先生のローレン。この組み合わせはいいんだけど、ローレンの敵が恐ろしげにいわれているのに、あまりにあっさり話が終わってしまうので、本当にそ…

この愛を諦め

以前のMIRA文庫は、ハーレクインの再販やパッとしない作品が多かったイメージですが、最近頑張っているイメージが強いです。 という中で、たぶんハーレクイン再販ですが、つらい人生の果ての幸せ、という感じでよかったです。

月明りのくちづけ

潔ぎよいヒロインに包容力のあるヒーロー。かなり面白かったです、

眠れずにいる夜は

リサ・マリー・ライスのエロさは控えめで、人と人とのかかわり重視?のような作品で、新鮮でした。2人が生きて一緒になれて、本当によかった。

熱く危険な再会

意外に面白くってさらさら読めました。

遥か栄華をはなれて

ノーラ・ロバーツ大好きです!だからキャラと話がよくなければ、さっさとやめようと思って読んだのですが、おもしろかった~。いい裏切られ方です。幽霊?真犯人?ヒロインの葛藤、成長、ヒーローの包容力、とおいしいところを抑えてますね。

ドーバーの白い崖の彼方に

夢中で読みました。軽い感じのスパイものとは全くことなる、命をかけたスパイ同士のお話です。歴史好きなこともあり、面白かったです。 5か月前の負傷のせいで視力を亡くしたアニークは同じフランスのスパイ、ルブランにとらえられ、拷問にかけられようとし…

きらめく星のように

いいです。

嘘はオアシスに眠る

なんだか久しぶりのブキャナン一家。そして変わらないカッコイイ!ノア!

シークレット とらわれた王女

エマ・ホリーの作品がよい!アン・ライスの眠り姫シリーズを思い出しました。

放蕩貴族の天使

不細工でリューマチもちの家庭教師が、放蕩ものの侯爵の弟と恋に落ちる物語、という身も蓋もない紹介文が多かったのですが、思いのほか面白かったです。

女刑事 サムホランド2 秘密の代償

続けて翻訳してほしいシリーズです!

伯爵の花嫁の無垢なあやまち

シリーズ1作目 最初読んだ時は、わがままなヒロインだなーと思いましたが、何度か読むうちに、ヒロインにはヒロインの理由があっての行動だったんだな、と納得。 むしろ、自分の行動の後始末ができる、すてきな存在に思えてきました。 大好きなシリーズです。

薔薇のティアラをはずして

スコットランドのしつけ学校を卒業し、親戚や侍女たちに守られて故郷に戻るため、まずはロンドンを目指していたアルデン国のマースデン王女は、急な襲撃に襲われる。ただの盗賊ではなく、マースデンがいることをねらっての襲撃だった。 泥まみれになり必死に…

裏切りのダイヤモンド

面白かったです。 こういういい男があふれる世の中を期待します。 やり手の金融コンサルタントである夫リチャードが亡くなった。一目ぼれ同然のかけおちのような結婚で、一人で出掛けていた出張先でなくなった。残されたシェルビーには3歳の娘と30万ドルの借…

100万ドルの魔法使い

ちょーおもしろかった! こういう予想を裏切るおもしろさは久しぶり!

聖なる谷の淑女

おもしろかったです!すごく!このスキャンダルの自分を抑えて相手を尊重しながらも、自分が満たされている行く感じが最高です。さすがローレンスです。

永遠を探す王女

末っ子でたくましいエイミーのお話です。うーん。。。このシリーズはいまいち。。。ないような気がします。でも次も出たらよみますけどね(笑

壁の花の聖夜

壁の花シリーズのサービス作のような感じですね。元壁の花たちが、いかに旦那たちとなかよくやってるか見せつけられます。もちろん、今作のヒーローもグッド!です。ほんとうにクレイパスのヒーローはかっこいい!

最高の贈り物

微妙でした。この話だけで1冊にする必要があったのかどうか疑問です。

盗まれた花嫁

1作目より断然おもしろい!

銀色に輝く季節

大昔の話です

幸せの宿る場所

前作夢を見ることでヒーローと競いあい、強烈に恋に敗れた割に妙~にかっこよかったハーディがヒーローです。期待通り面白かったのですが、少し物足りなかった気もします。

雪のなかのタンゴ

ヒロインは核弾頭を売る女スパイ、とみせかけた、父にだまれたれ田舎者司書。 対するは天使の顔にスーパーマン並みのクリード。 相思相愛ですけどね。

プロムの夜に恋をして

久しぶりに読みかえしちゃった系ですが、おもしろいです。 他小無理のあるところも、ロマンスですから・・・(笑

ふたりきりの花園で

バイロンシリーズの2作目で、個人的にお気に入りな話です。

その夢からさめても

バイロン・シリーズの第1作目です ヒロインのメグは、軍人だった父について回って、父を助けてきたが、父亡きあと身寄りがなく、スコットランドのおばを頼って旅をしていた。旅の途中の猛吹雪にあい、助けを求めて、ケイド・バイロン卿の屋敷に助けを求めた…

禁じられた愛のいざない

邦訳はお初な作家さんです。 RITA賞のヒストリカル・ロマンスの候補作品とのこと。 アメリカでもまだ2作してでていない、新人作家さんなんですね。RITA賞ってすごいのね。

公爵とリトル・ローズ

とてもかわいらしいヒロインのかわいらしい話でした

星夜とあなたに守られて

やっと読みました。 まあ、多少腑に落ちない点はあるけれども、俺がまもってやるぞ系のヒーローと最初弱かったけれどあたなのためなら強くなるわ系のヒロインで楽しめました。

情熱の炎に捧げて

前半、結構退屈でしたは、後半で楽しめました

花嫁の嘘は愛のあやまち

ロンドンでもっともすばらしい愛人たちシリーズの2番目です。 今回は1作目で兄嫁クレアに手をだした、といって兄弟から怒られていた、ちゃらんぽらんなスティーブンがヒーローです。前作で、兄弟が将校の身分を買ってくれ兵士として戦争に出発するところが…

伯爵の花嫁の無垢なあやまち

<ロンドンでもっともすばらしい愛人たち>シリーズの1作目です。すごいシリーズ名ですね。 最初は、勝手なこというヒロインだなーという印象でしたが、 読み進めるうちにヒーローにも問題があることが分かり、最後にはヒロインが現状を変えようと決意した…

愛の炎が消せなくて

やっと、読めました。 これがRITA賞受賞?っていうのがちょっと不思議でした。 前作までのオリヴィアとディビットのからみを理解していないと、オリヴィアの腹立ちとか事件のトラウマとか理解できないのではないかな、と思ってしまいました。これは前作から…

I CAN SEE YOU

同じく、愛の炎が消せなくて。。。の前段で、再読。 サスペンスとしてはこちらのほうが好きです。

復讐の瞳

大好きなカレン・ローズの新作、愛の炎が消せなくて。。を読もうとしたのですが、 あれ、この人って。・。・と思いだせず、復讐の瞳を再読しました。 カレン・ローズの本は、登場人物がつながっている話と完全に別れた話が混ざっていて、単品だと関連がよく…

放蕩者の長い恋

かなり現実的で厳しい話でした。おもしろかったけどね ケタリング伯爵ジュリアンの4人の妹の幼馴染で、小娘のころから知っているクラウディアは、美しく成長し、ある舞踏会でジュリアンは恋に落ちた。しかし同じ晩、親友フィリップ彼女に求愛し、ジュリアン…

虹のかけらを抱きしめて

駄天使シリーズです。楽園は嵐の果てにで登場し、鬼神のようになっていたマイケルの登場です。 マイケル・ケニヨン卿は、ワーテルローの戦いで瀕死の重傷を負うが、なんとか一命をとりとめた。マイケルが運びこまれた医療所には、親身になって面倒をてくれる…

心のベールに触れられて

モンローのヒストリカルは初めてでしたが、いきのいいヒロインで、ヒロインにメロメロのヒーローの関係はよかったです。 23歳のシーラは自由に育てられ、レディとしてより人として成長し、亡母の知合いが経営する海運会社の経営を手伝い自由を謳歌する日々を…

ローズ・ガーデンをきみに

読み始めてから、あのシリーズの続編だとしって、えええ!!とうれしい悲鳴。 愛する人と一緒に年をとり、子供を育てることを夢見る貴族の令嬢エレノアはイタリアのプリンスから求愛されていた。2年前の絆を感じた相手のとの婚約、そして裏切りによる婚約破…

三十日の恋人契約

SMがテーマですが、良かったです。こういうきわどいけど、純愛っぽい作品、増えてくれるといいですね。 通常は企業アナリストとして多忙な日々を送りながら、L.AのSMクラブで女王様役を演じるローアンは、最近プレイに違和感を感じていた。奴隷とプレ…

彼を誘惑する方法

前作の余韻で一気に読んじゃいました。バンクスのデビュー作だそうですが、天然ばりのヒロインの純粋さは健在で、シンプルな話ながら、なかなか良かったです。 ずっと想い続けてきたサイモンが、彼女と別れて落ち込んでいた夜、慰めているうちに抱きすくめら…

君を想って燃え上がる

パラノーマルが多いですねえ。。これもヴァンパイアものです。でも一風変った、薬で日光・ニンニク・銀アレルギーを克服して、日中対でも活動できるヴァンパイアです。 祖父の経営する警備会社に突然雇われたアレック・レイナードを警戒しながら魅かれるドミ…

花嫁に雪は舞い降りて

ロンドン一のハンサムであり、冷静沈着、常に取り乱すことがないと言われたグレガー・マクリーンは、いらだちと焦りのあまり、吹雪を呼び寄せていた。弟たちの雨とは異なり、自己抑制がきいたはずのグレガーが雪を降らせることができるのだ。いらだち、あせ…

侯爵と仮面舞踏会の花嫁

前作も面白かったこのシリーズ、2作目も期待を裏切らない内容でした。 1883年ロンドン。英国貴族の夫を求め、姉に続いて大西洋を渡ったクララ・ウィルソンは、社交界デビューを焦るあまり、過っていかがわしい仮面舞踏会に迷いこんでしまった。そこで、長い…

キス・キス・キス 抱きしめるほどせつなくて

すっかり定着したこのシリーズ。読みやすくって今回もぐー!でした。 特に1作目と3作目が好き。1作目ヒロインの、優しくすると人が死んでいく、の感違いは笑えるけどわらえないそんな強烈なヒロインを優しく包み込むさらに懐の深いヒーローが最高。めんどく…

プラムローズは落とせない

どーしてこのシリーズがMIRA文庫から????というマリーン・シリーズ個人的には大好きなので、出てくれてうれしいのですが、途中で出版社が変わるって、どうなの?人気がなかったの?とか思ってしまいます。 自宅で殺害され、その時から行方不明になった弟…

愛しの伯爵と秘密のひととき

オールドミスでさえないシャーロットは、親友の兄セバスチャンに恋をしていた。だが、彼は伯爵としての責任もあり、裕福でつまらない女性と婚約まじかだった。彼女は彼には似合わないのに。。。と悔しい思いをしていたところに、大叔母からの遺産がきた!こ…